MieNaPressは
(株)日本統計センター
が運営しています。

Vol.109 憂鬱じゃなければ仕事じゃない?

 もう6月。社会人にとっては第1四半期の締めの月になる。期初からの2ヶ月はあっという間だ。
 「盆が来たかと思ったら、もう正月」。若い頃は「そんな!」と思っていたが今では共感できる。
 そして私は6月があまり好きではない。理由は梅雨時期でジメジメして、気候的に曇りが多く暗いこと、そして祝日がないこと。
 祝日と言えば、今年のゴールデンウィークは最長で9連休が可能だった。
 私は休日出勤が1日あったものの、年休を2日消化して8連休にした。特に遠出することもなく、そう遠くない定年後の生活をイメージして過ごしてみた。その結果、なかなかよい休みになったと思う。
 休み明け、いつもどおりに仕事に行くのだが、定年後を意識した良い休みを経験したせいか、出社することに若干の抵抗を感じた。ふと「これが五月病なのか」と考えてみた。いや、もとよりストレスフリーな性格で、職場環境の大きな変化もなく、これまでに一度も「五月病」に該当する症状になったこともない。たぶん、一時の気の迷いだったのだろう。
 しかし、連休明けは「五月病」という病に苦しむ老若男女が増える時期である。 read more

この記事はどうでしたか?役に立ちましたか?面白かったですか?
  • 1点 (0)
  • 2点 (0)
  • 3点 (2)
  • 4点 (4)
  • 5点 (7)

Vol.108 国勢調査人口と住民基本台帳人口

 マーケティングや様々な分析業務を行う中で重要な統計指標として人口データがあります。今回はこの人口データについて国勢調査での人口と住民基本台帳での人口を比較しながらその違いをみていきたいと思います。本来同じ人口なので近い時点のデータはほぼ同様な数値であるはずなのですが、結構差のある場合もあります。

1.全国ベースでの比較

 国勢調査人口と住民基本台帳人口は、国勢調査時点の常住地と住民登録地との食い違いにより差が生じると考えられます。しかし、全国計の人口でみれば地域間のこの違いは相殺されるため、差は小さいのではないかと思われますが、具体的にどの程度の差があるのかを見ていきましょう。 read more

この記事はどうでしたか?役に立ちましたか?面白かったですか?
  • 1点 (0)
  • 2点 (0)
  • 3点 (3)
  • 4点 (5)
  • 5点 (12)

Vol.107 未来の五輪選手代表はあなたのすぐそばに!?

 2月9日~25日の17日間、そして3月9日~18日の10日間に亘っての平昌オリンピック・パラリンピックが無事、閉幕を迎えました。
 日本勢メダル獲得数は冬季オリンピックでは過去最多となる計13個(金×4、銀×5、銅×4)に達し、私たちに感動と興奮をもたらしてくれました。
 パラリンピックでも計10個(金×3、銀×4、銅×3)と前回のソチオリンピック(計6個)を上回り、歴代3位の獲得数という結果となりました。 read more

この記事はどうでしたか?役に立ちましたか?面白かったですか?
  • 1点 (0)
  • 2点 (1)
  • 3点 (1)
  • 4点 (9)
  • 5点 (7)

Vol.106 “YouTuber”の実態

 “YouTuber”

 最近耳にする事が多いこの言葉。

 昨年ソニー生命が実施した調査では、男子中学生の将来なりたい職業3位、女子中学生の将来なりたい職業10位に「YouTuberなどの動画投稿者」が入るなど、若い世代に絶大な人気がある。 ※資料1
 かくいう筆者も中年ではあるが“YouTuber”に魅了されている一人だ。

 ここで色々な疑問が生じてくる。

・“YouTuber”とは一体どんな職業なのか?
・主な収入源は何なのか?
・何故そんなに人気があるのか?

 今回は、知っている様で知らない“YouTuber”の実態をお伝えしようと思う。 read more

この記事はどうでしたか?役に立ちましたか?面白かったですか?
  • 1点 (0)
  • 2点 (0)
  • 3点 (5)
  • 4点 (9)
  • 5点 (13)

Vol.105 高齢化の実態。高齢化はどのように進んできたのか。

 高齢化の進行にともなって国や地方自治体では、高齢者に対するハード・ソフト両面でのきめ細かな施策が検討・実施されています。
今後も様々な課題が表面化し、それへの対応を通じて、高齢者向けサービスはさらに充実していくことでしょう。
 日本は高齢化先進国として、世界から注目されている国のひとつです。
 本稿では、5年おきに実施される国勢調査の結果をもとに、高齢化がどのようなペースで進み現在にいたっているのかをみることにします。 read more

この記事はどうでしたか?役に立ちましたか?面白かったですか?
  • 1点 (0)
  • 2点 (2)
  • 3点 (5)
  • 4点 (3)
  • 5点 (8)

Vol.104 MieNaの消費支出額データが充実しました!

 新年あけましておめでとうございます。今後とも、幅広いテーマで少しためになる(?)マンスリーレポートを提供していきますので、宜しくお願い致します。さて、2018年の最初のレポートは、MieNaで新たに利用できるようになった追加メニューのご紹介です。

1.はじめに ~消費支出額データが充実しました!~

 MieNaの商圏評価レポートや47mapsは、エリアマーケティングに携わる様々な方にご利用いただいていますが、経営相談や開業支援に従事される中小企業診断士等の方からは、消費支出額・購買力データについて、「もっと色んな分類・品目を利用したい!」という多くのご要望をいただいていました。そこで昨年10月より、従来の主要な分類・品目だけでなく、消費支出の全分類・品目のデータを下記のように追加しました。 read more

この記事はどうでしたか?役に立ちましたか?面白かったですか?
  • 1点 (2)
  • 2点 (1)
  • 3点 (7)
  • 4点 (4)
  • 5点 (4)

Vol.103 プログラミングって何?

 文部科学省は、2020年以降に施行される、プログラミング教育必修化を盛り込んだ学習指導要領改定案を発表しました。大きく報道されたので、ご存知の人は多いと思います。

 今後、プログラミングは、より一般的になり、触れる機会も増えてくると思います。

 そこで、今回は、そんなプログラミングの世界にちょっと触れてみるのはどうでしょうか?

1. プログラミングとは

 まず始めにプログラミングとは、簡単に言うと read more

この記事はどうでしたか?役に立ちましたか?面白かったですか?
  • 1点 (1)
  • 2点 (0)
  • 3点 (6)
  • 4点 (5)
  • 5点 (10)

Vol.102 世界の「ことば」

 今年も残すところあと1ヵ月となりました。年末年始に海外旅行を考えている方もいるのではないでしょうか?

 筆者は海外旅行が趣味ということもありこれまで様々な国に行ってきたのですが、ひとたび「海外に行ってきた」と話せば、目的地がアジアであれ南米であれ、「英語は話せるの?」と聞かれたものです。

 たしかにみなさんご存知のとおり世界の共通語は「英語」となっています。では他にはどのような言語が世界では使われているのでしょうか。 read more

この記事はどうでしたか?役に立ちましたか?面白かったですか?
  • 1点 (0)
  • 2点 (0)
  • 3点 (2)
  • 4点 (7)
  • 5点 (26)

Vol.101 外国人観光客、急に増えた感じ・・・しませんか?

 今から20年程前、「進め電波少年」という番組で猿岩石(タレントの有吉が出演)がヒッチハイクして外国を旅する番組が大当たりしました。
 それを見ていた私も見事にその影響を受けて、学生時代に夏季休暇等を使って、HIS(当時は、まだ路地裏にある小さなチケット販売店だったのに・・)で格安航空券を買って、アジア(インドや東南アジア各国)を巡っていました。特にインドから戻ったとき(インドはかなりインパクトありました・・)は、成田空港から東京へ向かう列車から見えるふつうの田んぼ(夏だったので青々としてました)を見た時、めっちゃキレイだな~(きちんと畦で区切られているところも)、あれほどみなれた日常の風景が、戻る度に、同じ思いをしたことを今でも鮮明に覚えています。
 その時は、なんで外国人は日本に来ないのかな~と漠然と思ったことを記憶しています。
 当時(1995年頃)の訪日外国人数は、335万人程です。それが2017年は9月15日で2000万人を突破(昨年より45日早いそうです)しています。
 職場が浅草周辺にありますので、確かに外国人を多く見かけますし、道を聞かれることは日常化しています(1日に2回、聞かれることも・・)。道を聞かれて、パッとスマホ(Google MAP)で指さして「Go Go」を言うと、ニッコリOK、OKとなります(スマホ助かる~!)。 read more

この記事はどうでしたか?役に立ちましたか?面白かったですか?
  • 1点 (0)
  • 2点 (0)
  • 3点 (2)
  • 4点 (6)
  • 5点 (15)

Vol.100 日曜日夕方の憂鬱

 「サザエさん症候群(サザエさんしょうこうぐん)」一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?
 ウィキペディアによりますと、サザエさん症候群とは、日曜日の夕方から深夜にかけて、「明日からまた学校や会社に行かないといけない」という現実に直面して憂鬱になり、体調不良や倦怠感を訴える症状の俗称。英語圏では『Sunday Night Blues(日曜の夜の憂鬱)』と言われています。また、似たような症例として、月曜日の朝に強い憂鬱さに襲われることをブルーマンデー症候群とも言われています。 read more

この記事はどうでしたか?役に立ちましたか?面白かったですか?
  • 1点 (4)
  • 2点 (0)
  • 3点 (8)
  • 4点 (8)
  • 5点 (10)